P3DS(パラパラパーラ電脳出張所 blog版)

アクセスカウンタ

zoom RSS Q用の自作な31.7mm直焦アダプターでお手軽撮影

<<   作成日時 : 2013/02/13 23:30   >>

トラックバック 2 / コメント 0

 最小なナノ一眼、”PENTAX Q”を買ってはや2ケ月、当初はお手軽な星撮りに…と考えて導入したものの、寒さ&体調等の都合で、最近、望遠鏡を出しても、眼視ばかりでして、撮影することはありませんでした。(^^;
 星撮り用にと”Kマウントレンズ用アダプターQ”をレンズキットとほぼ同額(実は少し高め)で追加購入もしたのですが、アダプター+Tリングの重さは約200g、Q本体並みの重さだったりします。アダプター等を付けて望遠鏡に繋ぐのは本格的すぎるというか、面倒そうで、今に至ります。(ォィ
 お気楽・お手軽に使うには…、と考えた結果、Q用に31.7mm直焦アダプターを自作してみました。
画像
 材料は、サードパーティのQマウント用レンズリアキャップ”と、BORGのプラ延長筒(4611)、費用は約1,000円でした。(回転はめ込み式レンズリアキャップは、ボディキャップとセットのを買いました。)
画像
 レンズリアキャップに穴を空け、延長筒を切って削って、くっつけると完成です。
画像
 レンズリアキャップは、純正のかぶせ式だと怖いので、サードパーティの回転はめ込み式(バヨネット)を使ってます。プラ延長筒は軽くて工作もしやすそうなので採用しました。(余ってるアイピースをばらせば、金属製でフィルターとかもつけれるし…、と悩みました。)
 という具合に作ってみたものの、天候等かみあわず、なかなか使えないのは、お約束です。

 先程、月齢2.8の細長いお月様を見つけたので、早速、試してみました。
 経緯台に望遠鏡(NEW KDS 63-540)をのせて、天頂ミラーに、アイピースと同じ要領でQをセット。
画像
 眼視への切替は、天頂ミラーのネジをゆるめて、アイピースに交換すればOK。
画像画像
 まさしくお気楽・極楽というか、私がイメージしてたのはこれでございます。

 自作のQ直焦アダプターで撮ったお月様がこれです。
画像
(Q + NEW KDS 63-540、iso125 1/40秒、ノントリミング、1/10リサイズ)
 Qはセンサーが小さいため、直焦撮影でも、望遠鏡で見るのと、違和感のない大きさで撮れて、気持ちいいです。

 部分拡大(1/2リサイズ)した画像もupしますね。
 まず、左下のクレーター(ペタビウス、フルネリウス)周辺です。
画像
 次に、右下の危難の海周辺です。
画像
 ピント合わせは適当で、レンズはアクロ63mmのはずなのですが、すごく解像してます。

 自作のQ直焦アダプターの感想ですが、眼視と撮影がアイピース交換の感覚で気楽に切り替えできて大満足でございます。(^^)
 あと、Qってここまで写るんだ…と、感動しました。

 ただ、この直焦アダプターだと、電子シャッターしか使えなくて、シャッターは2秒まで、コンニャク現象等、制限が多々あるので、明るい惑星程度しか使えないと思われます。
 シャッター内蔵の純正アダプターも買ってるし、Qでいろいろ遊びまくろうと思いました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Qの純正アダプター+望遠レンズでお月様試写
 一昨日、自作直焦アダプター+望遠鏡で月を撮ってみたので、今夜は、純正の”Kマウントレンズ用アダプターQ”と、Kマウント用望遠レンズ”DA★300”で、お月様を狙ってみました。 ...続きを見る
P3DS(パラパラパーラ電脳出張所 bl...
2013/02/20 06:09
やっと晴れてきた最近の月夜
 先日まで、夕方頃になると、天気が崩れ、雲に雨…と悪天候が続いてましたが、先日頃から、やっと晴れてきました。  最近は、月夜なので、お月様をよく眺めてます。 ...続きを見る
P3DS(パラパラパーラ電脳出張所 bl...
2013/08/17 00:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Q用の自作な31.7mm直焦アダプターでお手軽撮影 P3DS(パラパラパーラ電脳出張所 blog版) /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる